新着・お知らせ〜法律会計特許一般労働組合

アクセスカウンタ

zoom RSS 【戦争法廃止をもとめて・リレー連載】 要求実現のための参議院選挙

<<   作成日時 : 2016/06/28 13:38   >>

トラックバック 0 / コメント 0

7月10日投票日! 参議院選挙が公示され、選挙期間まっただ中です。
法会労は、この参議院選挙を、要求実現し、そして安倍政権を退陣に追い込む重要な選挙だと考えています。日々の要求実現の活動が選挙結果によって前進も後退もします。

 安倍政権になって3年余り。思えばいろいろな事をしでかしてくれました。働く者にとっては試練の連続、そしてこの先の日本はどうなるのか不安だらけでした。

 アベノミクス・・・金融政策で円安操作、確かに株価は上がり、輸出を主にする企業にとっては業績があがったところもありました。しかし、そうした儲けは「内部留保」として蓄積され、景気の循環には回りませんでした。そして私たちは物価高に悩まされ、節約節約の日々・・・。企業は史上空前の利益を得ながらも、GDPは上がらず、賃金は上がらなかった・・・。どんなに企業が儲けても、国民生活は向上しないことが明らかになりました。景気対策というならば、中小企業支援や労働者の生活の保障に力を入れ、国内の消費をあげていく政策が必要です。

 社会保障・・・社会保険料の値上げ、消費増税など私たちの税負担は年々増えています。しかし、この間行われたのは医療・介護分野での切り下げ、負担増でした。いくら高齢化社会といっても、これ以上の負担は本当につらすぎます。

 労働法制・・・アベノミクスの第3の矢の一つは規制緩和です。労働法制の改悪もその一つ。昨年は労働者派遣法を強行改悪し、「一生派遣」という労働者を生み出す仕組みをつくってしまいました。このほかにも、残業代ゼロ法案や解雇の金銭解決など労働者の低賃金化やますますの不安定化をもたらす政策を打ち出しているのです。

 憲法破壊・戦争法・・・そして最大の汚点は昨年強行成立させた安保法制(=戦争法)です。憲法破壊、民主主義の否定、立憲主義の否定。これだけは絶対に許されません。法会労としても反対の声を上げてきました。戦争法廃止と憲法改悪を絶対に許さないためにこの選挙は本当に重要です。

 働く者の要求を実現するのが選挙。安倍政権を退陣に追い込む選挙。選挙に行かなきゃです!

(書記長 大内美紀)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【戦争法廃止をもとめて・リレー連載】 要求実現のための参議院選挙 新着・お知らせ〜法律会計特許一般労働組合/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる